新型コロナウイルス感染予防対策について

SAJ技術選 感染予防対策ガイドライン

本大会では、開催にあたり下記の通りガイドラインを定めています。

選手・関係者の皆様に守っていただきたい事

マスクの着用について
  1. 選手は競技中・ウォーミングアップ・クールダウン時を除いて、常時マスクを装着する。(屋外においては防寒・暴風のためのフェイスマスクやネックウォーマー等でも可。待機時間や休憩等屋内で過ごす際にはマスクが望ましい。)
  2. ウォーミングアップ後や競技直後、呼吸が落ち着くまでマスクは装着しなくても良いが、荒い呼吸は飛沫が多くなり感染リスクが増大するため、対人距離や咳エチケットに留意すること。
  3. コーチ、審査員、スタート地点のスタッフ等選手の近くで活動する者は常時マスクを 着用すること。マスクを外した選手と会話することで目の粘膜に飛沫が飛ぶ可能性を考慮し、フェイスガードやゴーグル、サングラス等も装着することが望ましい。
  4. マスクが汚染や水濡れ等で使用できなくなることを考慮し、替えを持参すること。
  5. 使用済のマスクは会場で破棄せず、自身で持ち帰ること。
大会当日の留意事項について
  1. 大声での会話や指導は避け、常に1~2mの対人距離をとって行動する。
  2. 当日の検温にて発熱が認められた場合は、会場内に入場しない。
  3. 会場内で体調不良になった場合は、近くの大会スタッフに申告し、移動せずにその場で指示を待つ。